高校の部活動で 読書感想文

【 しつもんを活用した部活動 】
読書感想文を書き感動❗️

先日、高校の部活動(華道)

お花の実習ではない日でした。
以前は、実習をしない時間は、
どのようにして 華道についての授業をするか、
カリキュラムに苦労していました。

一方的に話すだけの授業で
生徒たちは 本当にわかっているのかな〜?
と 疑問を感じていたのです。

魔法の質問を学んでからは、
実習がない日でも、しつもんを活用することで
楽しく授業ができるようになりました。

今日は、学生用の華道誌を使って
読書感想文を書きました。

image

 

 

 

 

 

その書き方は、幾つかのしつもんに答え、
その答えを組み合わせてまとめるもの。

昨年も 文化祭前に季刊誌で書いて展示し、
好評だったものです。

今日は 夏休みも近いということで、
しつもんを活用した読書感想文の書き方を
再度、部員に伝えたかったので。
(1年は 初めて)

今日は、この本で読書感想文を書きますと言うと
「 はあ〜?」という反応。

けれど、書き終わり、読んでみると、
「 お〜❗️」という反応。

すごいです。

面白いです。

書いてみた感想を聞いてみたら、
・ いけばなの持つ力や、魅力についてわかったことを 次回の部活動の時から、考えながら生けていきたいと思います。
・ 今までよりも たくさんの思いを込めながらやりたいです。
・ いけばなをもっと楽しみたいと思いました。
・ 一本一本のお花の表情を読みとって きれいに生けられるようにしたいです。
・ これからも部活を 頑張ろうと思いました。
・ もっと 上手く生けられるようになりたいです。
・ 夏休みの宿題の読書感想文を書くのが楽しみになりました。

など… 嬉しい感想❗️

やって良かった〜^ ^

それぞれのしつもんの意味を伝えられなかったので、
次回は 意味を伝えたいと思いました。